山口 勇太郎 (Yutaro YAMAGUCHI)

大阪大学 大学院情報科学研究科 情報数理学専攻 システム数理学講座 助教
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-5, 情報科学C棟 C501室

Assistant Professor
Department of Information and Physical Sciences,
Graduate School of Information Science and Technology,
Osaka University

Information Science and Technology Building C, Room C501,
1-5 Yamadaoka, Suita, Osaka 565-0871, Japan

Tel: 06-6879-7872
Email: yutaro_yamaguchi [at] ist.osaka-u.ac.jp
   (old: ymgc [at] kurims.kyoto-u.ac.jp, yutaro_yamaguchi [at] mist.i.u-tokyo.ac.jp)

>> English Version


履歴
学歴

2008年3月 大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎 卒業

2011年3月 京都大学 工学部 情報学科 退学 (大学院進学のため)

2013年3月 京都大学 大学院理学研究科 数学・数理解析専攻(数理解析系) 修士課程 修了
      修士(理学) 取得

2016年3月 東京大学 大学院情報理工学系研究科 数理情報学専攻 博士後期課程 修了
      博士(情報理工学) 取得

職歴

2013年2, 3月 国立情報学研究所 ビッグデータ数理国際研究センター(JST ERATO 河原林巨大グラフプロジェクト
       「グラフ・ネットワークにおける理論と最適化」グループ プロジェクトアシスタント

2013年4月~2016年3月 日本学術振興会 特別研究員 DC1

2016年4月~ 大阪大学 大学院情報科学研究科 助教

2017年8月~2018年3月 理化学研究所 革新知能統合研究センター 離散最適化ユニット 客員研究員

共同研究

2013年4月~ 国立情報学研究所 ビッグデータ数理国際研究センター(JST ERATO 河原林巨大グラフプロジェクト
       「グラフ・ネットワークにおける理論と最適化」グループ 研究協力者

2013年8, 9月 NEC中央研究所 (玉川事業所) 共同研究訪問

2014年2, 3月 NEC Laboratories America シリコンバレー 共同研究訪問

2014年10月~ JST CREST 「現代の数理科学と連携するモデリング手法の構築」領域
       「大規模複雑システムの最適モデリング手法の構築」チーム 研究協力者

2017年8, 9月 基盤(S) 離散構造処理系プロジェクト 共同研究訪問

教育

2013年度10月~3月 東京大学 大学院情報理工学系研究科 数理情報学専攻 「算法設計要論」 ティーチングアシスタント

2014年度10月~3月 東京大学 大学院情報理工学系研究科 数理情報学専攻 「算法設計要論」 ティーチングアシスタント

2015年度4月~8月 東京大学 教養学部 初年次ゼミナール理科 「オペレーションズ・リサーチ入門」 ティーチングアシスタント

2017年度 春~夏学期 大阪大学 工学部 応用自然科学科 「情報活用基礎A」

2017年度 秋~冬学期 大阪大学 工学部 応用自然科学科 応用物理学科目 「情報数理学演習Ⅰ」

2018年度 春~夏学期 大阪大学 工学部 応用自然科学科 「情報活用基礎A」

2018年度 秋~冬学期 大阪大学 工学部 応用自然科学科 応用物理学科目 「情報数理学演習Ⅰ」

助成

2013年4月~2016年3月 特別研究員奨励費 (No. 13J02522)

2016年8月~2018年3月 JSPS科研費 研究活動スタート支援 (No. 16H06931)

2016年12月~2018年3月 JST ACT-I 「情報と未来」 (No. JPMJPR16UR)

学会

2013年4月~2016年3月 日本オペレーションズ・リサーチ学会 学生会員(会員番号: 05000219)

2015年 IEEE 学生会員(会員番号: 93303728)

2016年4月~ 日本オペレーションズ・リサーチ学会 正会員(会員番号: 05000219)

2018年4月~ 日本応用数理学会 正会員(会員番号: 164-596-5504)

委員

2018年3月 日本応用数理学会 2018年 研究部会連合発表会 実行委員

2018年4月~2020年3月 日本オペレーションズ・リサーチ学会 関西支部 運営委員


興味
組合せ最適化, グラフ理論, マトロイド理論, 離散アルゴリズム, ゲーム理論, 量子計算, 機械学習 など

業績
査読付論文誌

5. Kristóf Bérczi, Satoru Iwata, Jun Kato, Yutaro Yamaguchi: Making Bipartite Graphs DM-irreducible.
SIAM Journal on Discrete Mathematics, 32:1 (2018), pp. 560–590.

4. Shin-ichi Tanigawa, Yutaro Yamaguchi: Packing Non-zero A-paths via Matroid Matching.
Discrete Applied Mathematics, 214:11 (2016), pp. 169–178.

3. Yutaro Yamaguchi: Realizing Symmetric Set Functions as Hypergraph Cut Capacity.
Discrete Mathematics, 339:8 (2016), pp. 2007–2017.

2. Yutaro Yamaguchi: Packing A-paths in Group-Labelled Graphs via Linear Matroid Parity.
SIAM Journal on Discrete Mathematics, 30:1 (2016), pp. 474–492.

1. Yutaro Yamaguchi, Anna Ogawa, Akiko Takeda, Satoru Iwata: Cyber Security Analysis of Power Networks by Hypergraph Cut Algorithms.
IEEE Transactions on Smart Grid, 6:5 (2015), pp. 2189–2199.

査読付会議録

6. Takanori Maehara, Yutaro Yamaguchi: Stochastic Packing Integer Programs with Few Queries.
Proceedings of the 29th Annual ACM-SIAM Symposium on Discrete Algorithms (SODA 2018), pp. 293–310, 2018.

5. Yutaro Yamaguchi: Shortest Disjoint S-paths via Weighted Linear Matroid Parity.
Proceedings of the 27th International Symposium on Algorithms and Computation (ISAAC 2016), No. 63, 13pp., 2016.

4. Naoto Ohsaka, Yutaro Yamaguchi, Naonori Kakimura, Ken-ichi Kawarabayashi: Maximizing Time-decaying Influence in Social Networks.
Proceedings of European Conference on Machine Learning and Principles and Practice of Knowledge Discovery in Databases
 (ECML-PKDD 2016), pp. 132–147, 2016.

3. Yasushi Kawase, Yusuke Kobayashi, Yutaro Yamaguchi: Finding a Path in Group-Labeled Graphs with Two Labels Forbidden.
Proceedings of the 42nd International Colloquium on Automata, Languages, and Programming (ICALP 2015), pp. 797–809, 2015.
※ 完全版はこちら

2. Yutaro Yamaguchi, Anna Ogawa, Akiko Takeda, Satoru Iwata: Cyber Security Analysis of Power Networks by Hypergraph Cut Algorithms.
Proceedings of the 5th IEEE International Conference on Smart Grid Communications (SmartGridComm 2014), pp. 830–835, 2014.

1. Yutaro Yamaguchi: Packing A-paths in Group-Labelled Graphs via Linear Matroid Parity.
Proceedings of the 25th Annual ACM-SIAM Symposium on Discrete Algorithms (SODA 2014), pp. 562–569, 2014.

プレプリント

11. Takanori Maehara, Yutaro Yamaguchi: Stochastic Packing Integer Programs with Few Queries.
  arXiv preprints, arXiv:1707.04020 (Link), 2017.

10. Yasushi Kawase, Yutaro Yamaguchi: Antimatroids Induced by Matchings.
  arXiv preprints, arXiv:1705.05510 (Link), 2017.

9. Yoichi Iwata, Yutaro Yamaguchi, Yuichi Yoshida: 0/1/all CSPs, Half-Integral A-path Packing, and Linear-Time FPT Algorithms.
arXiv preprints, arXiv:1704.02700 (Link), 2017.
※ 先行版のタイトルは Linear-Time FPT Algorithms via Half-Integral Non-returning A-path Packing

8. Kristóf Bérczi, Satoru Iwata, Jun Kato, Yutaro Yamaguchi: Making Bipartite Graphs DM-irreducible.
arXiv preprints, arXiv:1612.08828 (Link), 2016.
※ 先行版 (METR 2016-14) は こちら

7. Yoshinobu Kawahara, Yutaro Yamaguchi:
Parametric Maxflows for Structured Sparse Learning with Convex Relaxations of Submodular Functions.
arXiv preprints, arXiv:1509.03946 (Link), 2015.

6. Yutaro Yamaguchi: Shortest Disjoint Non-zero A-paths via Weighted Matroid Matching.
Mathematical Engineering Technical Reports, METR 2015-20 (Link),
 Department of Mathematical Engineering and Information Physics, Faculty of Engineering, University of Tokyo, Japan, 2015.

5. Yasushi Kawase, Yusuke Kobayashi, Yutaro Yamaguchi: Finding a Path in Group-Labeled Graphs with Two Labels Forbidden.
Mathematical Engineering Technical Reports, METR 2014-41 (Link),
 Department of Mathematical Engineering and Information Physics, Faculty of Engineering, University of Tokyo, Japan, 2014.
※ 改訂版(ICALP 2015 採択論文の完全版)は こちら

4. Yutaro Yamaguchi: Realizing Symmetric Set Functions as Hypergraph Cut Capacity.
Mathematical Engineering Technical Reports, METR 2014-28 (Link),
 Department of Mathematical Engineering and Information Physics, Faculty of Engineering, University of Tokyo, Japan, 2014.

3. Yutaro Yamaguchi, Anna Ogawa, Akiko Takeda, Satoru Iwata: Cyber Security Analysis of Power Networks by Hypergraph Cut Algorithms.
Mathematical Engineering Technical Reports, METR 2014-12 (Link),
 Department of Mathematical Engineering and Information Physics, Faculty of Engineering, University of Tokyo, Japan, 2014.

2. Yutaro Yamaguchi: Packing A-paths in Group-Labelled Graphs via Linear Matroid Parity.
Mathematical Engineering Technical Reports, METR 2013-35 (Link),
 Department of Mathematical Engineering and Information Physics, Faculty of Engineering, University of Tokyo, Japan, 2013.

1. Shin-ichi Tanigawa, Yutaro Yamaguchi: Packing Non-zero A-paths via Matroid Matching.
Mathematical Engineering Technical Reports, METR 2013-08 (Link),
 Department of Mathematical Engineering and Information Physics, Faculty of Engineering, University of Tokyo, Japan, 2013.

学位論文

[博士論文] Combinatorial Optimization on Group-Labeled Graphs (和題: 群ラベル付きグラフにおける組合せ最適化).
東京大学 大学院情報理工学系研究科 数理情報学専攻 (指導教員: 岩田 覚 教授), 2016年3月.

[修士論文] Structures and Algorithms for Path-Packing Problems (和題: パスパッキング問題に関する構造とアルゴリズム).
京都大学 大学院理学研究科 数学・数理解析専攻 (指導教員: 岩田 覚 教授), 2013年1月.

その他

6. Yusuke Kobayashi, Yutaro Yamaguchi: On Applications of Weighted Linear Matroid Parity.
Proceedings of the 10th Japanese-Hungarian Symposium on Discrete Mathematics and Its Applications, pp. 363–372, 2017.

5. 藤巻 遼平, 山口 勇太郎, 江藤 力: 因子化漸近ベイズ推論による区分疎線形判別.
人工知能学会論文誌, 31:6 (2016), No. AI30-I_1-9 (Link).
創立30周年記念論文賞(優秀論文) 受賞

4. Yutaro Yamaguchi: Realizing Symmetric Set Functions as Hypergraph Cut Capacity.
Proceedings of the 9th Hungarian-Japanese Symposium on Discrete Mathematics and Its Applications, pp. 137–146, 2015.

3. Yasushi Kawase, Yusuke Kobayashi, Yutaro Yamaguchi: Finding a Zero Path in Z3-Labeled Graphs.
RIMS講究録 「最適化アルゴリズムの進展:理論・応用・実装」, No. 1931, pp. 148–160 (Link),
 京都大学 数理解析研究所 (RIMS), 2015.
※ METR 2014-41 の先行版の摘要

2. Yutaro Yamaguchi: Packing A-paths in Group-Labelled Graphs via Linear Matroid Parity.
RIMS講究録 「最適化の基礎理論と応用」, No. 1879, pp. 157–163 (Link),
 京都大学 数理解析研究所 (RIMS), 2014.
※ SODA 2014 採択論文の摘要

1. Yutaro Yamaguchi: Packing A-paths in Group-Labelled Graphs via Matroid Matching.
Proceedings of the 8th Japanese-Hungarian Symposium on Discrete Mathematics and Its Applications, pp. 495–503, 2013.


発表
国際会議

13. Kristóf Bérczi, Satoru Iwata, Jun Kato, Yutaro Yamaguchi: Making Bipartite Graphs DM-irreducible.
  The 23rd International Symposium on Mathematical Programming (ISMP 2018), Bordeaux, France, July 2018. New!

12. Yusuke Kobayashi, Yutaro Yamaguchi: On Applications of Weighted Linear Matroid Parity.
  The 10th Japanese-Hungarian Symposium on Discrete Mathematics and Its Applications, Budapest, Hungary, May 2017. (Slide)

11. Yutaro Yamaguchi: Shortest Disjoint S-paths via Weighted Linear Matroid Parity.
  The 27th International Symposium on Algorithms and Computation (ISAAC 2016), Sydney, Australia, December 2016. (Slide)

10. Satoru Iwata, Jun Kato, Yutaro Yamaguchi: How to Make a Bipartite Graph DM-irreducible by Adding Edges.
  The Japanese Conference on Combinatorics and its Applications (JCCA 2016), Kyoto, Japan, May 2016. (Slide)

9. Satoru Iwata, Jun Kato, Yutaro Yamaguchi: How to Make a Bipartite Graph DM-irreducible by Adding Edges.
 NII Shonan Meeting Seminar 071 "Current Trend in Combinatorial Optimization," Kanagawa, Japan, April 2016. (Slide)

8. Yutaro Yamaguchi: Packing Non-zero A-paths via Linear Matroid Parity.
 The 6th Cargèse Workshop on Combinatorial Optimization, Cargèse, Corsica, France, September 2015. (Slide)

7. Shin-ichi Tanigawa, Yutaro Yamaguchi: Packing Non-zero A-paths via Matroid Matching.
 The 22nd International Symposium on Mathematical Programming (ISMP 2015), Pittsburgh, Pennsylvania, U.S., July 2015. (Slide)

6. Yasushi Kawase, Yusuke Kobayashi, Yutaro Yamaguchi: Finding a Path in Group-Labeled Graphs with Two Labels Forbidden.
 The 42nd International Colloquium on Automata, Languages, and Programming (ICALP 2015), Kyoto, Japan, July 2015. (Slide)

5. Yutaro Yamaguchi: Realizing Symmetric Set Functions as Hypergraph Cut Capacity.
 The 9th Hungarian-Japanese Symposium on Discrete Mathematics and Its Applications, Fukuoka, Japan, June 2015. (Slide)

4. Yutaro Yamaguchi: Packing A-paths in Group-Labeled Graphs via Linear Matroid Parity.
 IMA Annual Program Year Workshop "Convexity and Optimization: Theory and Applications,"
 Minneapolis, Minnesota, U.S., February 2015. (Poster, Summary)

3. Yutaro Yamaguchi, Anna Ogawa, Akiko Takeda, Satoru Iwata: Cyber Security Analysis of Power Networks by Hypergraph Cut Algorithms.
 The 5th IEEE International Conference on Smart Grid Communications (SmartGridComm 2014), Venice, Italy, November 2014. (Slide)

2. Yutaro Yamaguchi: Packing A-paths in Group-Labelled Graphs via Linear Matroid Parity.
 The 25th Annual ACM-SIAM Symposium on Discrete Algorithms (SODA 2014), Portland, Oregon, U.S., January 2014. (Slide)

1. Yutaro Yamaguchi: Packing A-paths in Group-Labelled Graphs via Matroid Matching.
 The 8th Japanese-Hungarian Symposium on Discrete Mathematics and Its Applications, Veszprém, Hungary, June 2013.

国内学会・研究会等

19. 山口 勇太郎: グラフにおけるマッチング・パス詰め込み問題.
  手形L4研究集会,
  秋田大学, 秋田県秋田市, 2018年3月.

18. 前原 貴憲, 山口 勇太郎: クエリ可能な確率的重み付き詰め込み問題. (招待講演)
  電子情報通信学会 コンピュテーション研究会 (COMP),
  大阪府立大学, 大阪府堺市, 2018年3月.

17. 前原 貴憲, 山口 勇太郎: クエリ可能な確率的詰め込み問題.
  日本OR学会 「離散アルゴリズムの応用と理論」研究部会 第10回研究会,
  京都大学 数理解析研究所, 京都府京都市, 2018年2月.

16. 山口 勇太郎: グラフにおけるパス詰め込み.
  基盤(S) 離散構造処理系プロジェクト 「2017年度 秋のワークショップ」,
  ホテル五味, 北海道厚岸町, 2017年11月.

15. 前原 貴憲, 山口 勇太郎: 確率的重み付き詰め込み問題に対する省クエリ解法.
  日本応用数理学会 2017年度 年会,
  武蔵野大学, 東京都江東区, 2017年9月.

14. 前原 貴憲, 山口 勇太郎: Stochastic Packing Integer Programs with Few Queris.
  Japanese Conference on Combinatorics and its Applications (JCCA 2017) 離散数学とその応用研究集会2017,
  熊本大学, 熊本県熊本市, 2017年8月.

13. 山口 勇太郎: マッチングとパス詰め込み.
  日本OR学会 「最適化の基盤とフロンティア」研究部会 (WOO) 第11回研究会,
  沖縄県市町村自治会館, 沖縄県那覇市, 2017年3月.

12. 山口 勇太郎: 代数的マッチングアルゴリズム. (特別講演)
  日本OR学会 関西支部 2016年度 若手研究発表会,
  関西大学うめきたラボラトリ@グランフロント大阪, 大阪府大阪市, 2016年10月.

11. 岩田 覚, 加藤 純, 山口 勇太郎: 2部グラフのDM既約化.
  日本応用数理学会 2016年度 年会,
  北九州国際会議場, 福岡県北九州市, 2016年9月.

10. 河瀬 康志, 小林 佑輔, 山口 勇太郎: Finding a Path in Group-Labeled Graphs with Two Labels Forbidden.
  ERATO感謝祭 SEASON Ⅱ (JST ERATO 河原林巨大グラフプロジェクト),
  一橋講堂, 東京都千代田区, 2015年8月. (Video)

9. 山口 勇太郎: 集合関数のハイパーグラフカット表現.
 日本応用数理学会 2015年 研究部会連合発表会,
 明治大学, 東京都中野区, 2015年3月.

8. 河瀬 康志, 小林 佑輔, 山口 勇太郎: Finding a Zero Path in Z3-Labeled Graphs.
 RIMS研究集会 「最適化アルゴリズムの進展:理論・応用・実装」,
 京都大学 数理解析研究所, 京都府京都市, 2014年9月.

7. 河瀬 康志, 小林 佑輔, 山口 勇太郎: Z3ラベル付きグラフにおける指定ラベル st パスの発見.
 情報処理学会 第149回アルゴリズム研究会 (SIGAL),
 伝国の杜, 山形県米沢市, 2014年9月.

6. 山口 勇太郎, 小川 安奈, 武田 朗子, 岩田 覚: 電力網のサイバー攻撃に対する安全性評価 ―ハイパーグラフ最小カット問題の応用―.
 日本OR学会 2014年秋季研究発表会,
 北海道科学大学, 北海道札幌市, 2014年8月.

5. 山口 勇太郎, 小川 安奈, 武田 朗子, 岩田 覚: Cyber Security Analysis of Power Networks via Hypergraph Cut Algorithms.
 日本OR学会 研究部会 「最適化の理論と応用 —未来を担う若手研究者の集い2014—」 (SOTA@つくば),
 筑波大学, 茨城県つくば市, 2014年5月.

4. 谷川 眞一, 山口 勇太郎: Packing non-zero A-paths via matroid matching.
 日本応用数理学会 2013年度 年会,
 アクロス福岡, 福岡県福岡市, 2013年9月.

3. 山口 勇太郎: Packing A-paths in Group-Labelled Graphs via Linear Matroid Parity.
 RIMS研究集会 「最適化の基礎理論と応用」,
 京都大学 数理解析研究所, 京都府京都市, 2013年8月.

2. 谷川 眞一, 山口 勇太郎: Packing Non-zero A-paths via Matroid Matching.
 日本OR学会 研究部会 「最適化の理論と応用 —未来を担う若手研究者の集い2013—」 (SOTA@つくば),
 筑波大学, 茨城県つくば市, 2013年6月.

1. 山口 勇太郎: T-path 問題とその一般化.
 日本OR学会 研究部会 「最適化の理論と応用 —未来を担う若手研究者の集い2012—」 (SOTA@つくば),
 筑波大学, 茨城県つくば市, 2012年7月.

その他(アウトリーチ活動等)

4. 山口 勇太郎: オペレーションズ・リサーチ, 組合せ最適化とマトロイド, グラフとランダムネス.
 ACT-I 応用数学勉強会,
 京都大学, 京都府京都市, 2018年2月.

3. Y.Y.: 幸せな結婚を目指して.
 第8回関西すうがく徒のつどい,
 大阪大学, 大阪府豊中市, 2016年3月.

2. 山口 勇太郎: 組合せ数学と最適化.
 数学ハイレベル研修(主催: 大阪府立大手前高等学校),
 大阪マーチャンダイズ・マートビル, 大阪府大阪市, 2013年11月.

1. 山口 勇太郎: アルゴリズム入門.
 特別講演(出前授業),
 大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎, 大阪府大阪市, 2011年8月.


訪問都市
海外

16. New Orleans in Louisiana, U.S.: January 2018,
  The 29th Annual ACM-SIAM Symposium on Discrete Algorithms (SODA 2018).

15. Barcelona in Spain: January 2017,
  The 28th Annual ACM-SIAM Symposium on Discrete Algorithms (SODA 2017).

14. Sydney in Australia: December 2016,
  Talk in the 27th International Symposium on Algorithms and Computation (ISAAC 2016).

13. Arlington in Virginia, U.S.: January 2016,
  The 27th Annual ACM-SIAM Symposium on Discrete Algorithms (SODA 2016).

12. Bonn (+ Frankfurt, Stuttgart, München (Munich), Köln, and Mainz) in Germany: October 2015,
  HIM Trimester Program "Combinatorial Optimization," Rigidity Workshop.

11. Cargèse in Corsica (+ Paris), France: September 2015,
  Talk in the 6th Cargèse Workshop on Combinatorial Optimization.

10. Seattle in Washington, U.S.: August 2015,
  Private Visit.

9. Pittsburgh in Pennsylvania, U.S.: July 2015,
 Talk in the 22nd International Symposium on Mathematical Programming (ISMP 2015).

8. Minneapolis in Minnesota, U.S.: February 2015,
 IMA Annual Program Year Workshop "Convexity and Optimization: Theory and Applications."

7. Venezia (Venice) in Italy: November 2014,
 Talk in the 5th IEEE International Conference on Smart Grid Communications (SmartGridComm 2014).

6. Budapest in Hungary: June 2014, May 2017;
 Summer School in Mathematics at Institute of Mathematics in Eötvös Loránd University,
 Talk in the 10th Japanese-Hungarian Symposium on Discrete Mathematics and Its Applications.

5. Silicon Valley (San Jose, Mountain View, Cupertino) and San Francisco (+ Yosemite Park) in California, U.S.: February and March 2014,
 Joint Research to NEC Laboratories America at Cupertino.

4. Portland in Oregon, U.S.: January 2014,
 Talk in the 25th Annual ACM-SIAM Symposium on Discrete Algorithms (SODA 2014).

3. Veszprém in Hungary: June 2013,
 Talk in the 8th Japanese-Hungarian Symposium on Discrete Mathematics and Its Applications.

2. Zurich and Engelberg in Switzerland: March 2012,
 The 1st ETH-Japan Symposium for the Promotion of Academic Exchanges and the 1st ETH-Japan Workshop on Science and Computing.

1. Toronto and Waterloo in Canada: September 2011,
 Invited to a special program on Quantum Computing at Institute for Quantum Computing (IQC) in University of Waterloo.

国内※ 一部のみ

17. 秋田(秋田県): 2018年3月,
  手形L4研究集会.

16. 厚岸(北海道): 2017年11月,
  基盤(S) 離散構造処理系プロジェクト 「2017年度 秋のワークショップ」.

15. 熊本(熊本県): 2017年8月,
  Japanese Conference on Combinatorics and its Applications (JCCA 2017) 離散数学とその応用研究集会2017.

14. 那覇(沖縄県): 2017年3月,
  日本OR学会 2017年春季研究発表会.

13. 新潟(新潟県): 2016年10月,
  第28回RAMPシンポジウム.

12. 山形(山形県): 2016年9月,
  日本OR学会 2016年秋季研究発表会.

11. 北九州(福岡県): 2016年9月,
  日本応用数理学会 2016年度 年会.

10. 湘南, 鎌倉(神奈川県): 2016年4月,
  NII湘南会議071.

9. 名古屋(愛知県): 2014年11月,
 第17回情報論的学習理論ワークショップ (IBIS2014).

8. 米沢(山形県): 2014年9月,
 情報処理学会 第149回アルゴリズム研究会 (SIGAL).

7. 札幌(北海道): 2014年8月,
 日本OR学会 2014年秋季研究発表会.

6. 鹿児島(鹿児島県): 2013年10月,
 第25回RAMPシンポジウム.

5. 京都(京都府): 2013年9月,
 RIMS研究集会 「最適化の基礎理論と応用」.

4. 博多(福岡県福岡市): 2013年9月,
 日本応用数理学会 2013年度 年会.

3. 仙台(宮城県): 2012年9月,
 第24回RAMPシンポジウム.

2. つくば(茨城県): 2012年6, 7月,
 日本OR学会 研究部会 「最適化の理論と応用 —未来を担う若手研究者の集い2012—」 (SOTA@つくば).

1. 横須賀, 横浜(神奈川県): 2012年3月,
 日本OR学会 2012年春季研究発表会.